カテゴリー: インタビューPage 1 of 2

「写真への想い」〜永田写真館ご主人 vol.3〜

わたしらにしたら紙一枚だけれども、お客さんにしたら、ものすごく大事なもの。
そう思わないと仕事はできない。
どうでもええわって言ったら、どうでもええ写真なってしまう。
だからそういうふうに、普段写真取るときも、想いを込めて写してもらえると嬉しい。

「道具と人のお話」〜永田写真館ご主人 vol.2〜

前回の永田さんのお話:「写真を撮る、ということ」 でも、…

「写真を撮る、ということ」〜永田写真館ご主人vol.1〜

「写真を撮る」という行為は、あなたからどれくらいの距離にありますか?
あなたの「基準」はどこにありますか?
唐突な問いかけで始まりました。
こんにちは。しとしとです。
今回僕たちは、香美町にある永田写真館のご主人にお話を聴きに伺いました。
香美町で、瞬間を取り出し、形に残し続けて100年近く。
今年度末でお店を閉められるそうです。
最初の問いかけは、その時間を通して僕自身に表れた疑問です。
これから3回に分けて、永田さんとの時間をお届けしていきます。
あなたはどんな問いを抱き、どんな応えを浮かべるでしょうか。
それどんなものであれ、読んでくれた人に生まれる問いと応えの循環が、永田写真館があったことの証明になるような気がします。

「『好き』と『これから』の話」〜松宮未来子さん vol.3〜

前回の未来子さんのお話…「コトブキ荘、豊岡の…

「コトブキ荘、豊岡のこと」〜松宮未来子さん vol.2〜

楽しく暮らして欲しいなって思ってるのね、ここの人に。
地元で生活している子が「豊岡おもんないっすわ」ってずっと言ってんの。
結構、ぐちぐちと。
でもここには、「え、ほんとう?」っていう子がいたりとか。
ここは移住者の人とかUターンしている人が多いのね。
そういう場所にもともと住んでいる子もいて。
お互いがここの場所を介して魅力に気付き始めて、楽しんでくれてるのかなと思う。

「飄々」〜松宮未来子さん vol.1〜

  “「飄々」とは性格・態度が世俗…

「儲かるかではなく、楽しいか。」 ~今井学さん~

  前回のがくさんのお話…「好きを…

「好きを起点に生き方を決める。」〜今井学さん〜

    今回のインタビューの舞台は香…

「この場所で、この場所と生きる」〜小林良斉さん〜

    香美町小代地区。 和牛のふる…

「まちのこと、感じたこと」〜松岡大悟さん vol.3〜

  前回の大悟さんのお話…「やる気スイッチ」…